現場造成杭工事

Home > 事業内容 > 現場造成杭工事
 
マルチドリル工法

マルチドリル工法は、全周回転式オールケーシング工法とアースドリル工法が1台の掘削機で併用施工が可能です。
また掘削機が小型であるため、従来では場所打ち杭の施工が不可能であるとされた現場にも対応できます。

■特徴■
1. コンパクトな施工機なので輸送・段取りが簡単です。リーダーは油圧により起伏するため現場での組立・解体も簡単です。
2. 削孔法と削孔工具の組合せにより、多種類の工法に対応できます。
3. ダンプトラックへの直接排土ができます。


写真で見るマルチドリル工法

マルチドリルR10J

施工前

マルチドリルR10J専用スイングジャッキ

スイングジャッキをマルチドリル本体にジョイントすると一体型となりマルチドリル一台でケーシングの建込、引抜きの施工が可能となります。

アタッチメント(ケリージョイント)

ケリーバーにジョイントし各ケーシングとのジョイントに使用

アタッチメント(ケリージョイント)

ケリージョイント+ケーシング使用により深層部27.0mまでの障害物撤去も可能となります。

アタッチメントとWケーシングのジョイント

アタッチメントとWケーシングのジョイント

鋼管杭撤去先行掘削

ケーシングを回転させ同時に押し込みます

ケーシングを回転させ同時に押し込みます

ロータリー、ケーシング

ロータリーとケーシングをロッピングでつなぎケーシングを回転し掘削します。

撤去物に定規版をセット

鋼管杭撤去前頭出し

鋼管杭撤去前頭出しにします。

鋼管杭撤去状況

鋼管杭撤去状況

マルチドリル機+ラフタークレーン

ラフタークレーンを使用しての障害物の吊り上げ作業をします。

マルチドリル+スイングジャッキ

ジャッキを装着して移動中

マルチドリル+スイングジャッキ

場所打杭撤去

マルチドリル機1台での作業

場所打杭撤去

600mm管をPC杭の先端まで管を押込み縁を切りクレーンで引き抜きます。

鋼管杭撤去状況

引抜き前

鋼管にて撤去
PC杭撤去用ケーシング600mm

600mm管ジョイント部

ーガースクリュー掘削

障害物を砕きながら削孔します

オーガースクリュー掘削

オールケーシング工法

カットバケット

隣地の雨どいから10センチまで接近して地下躯体物を撤去

カットバケット

オールケーシング工法

鋼管杭撤去状況

地下躯体物を撤去中隣地の構造物まで10センチまで接近しての障害撤去

カットバケット

オールケーシング工法


従来の工法との比較

従来の施工方法
マルチドリル工法

マルチドリル工法の利便性

マルチドリル工法

1. 市街地や搬入路制限があったり施工スペースなどにより大型機械が使用できない場合などの問題を解決します。
2. 工期圧縮などにも効果を発揮します。
3. 地下水、隣接建物の関係で既存の地下壁や耐圧盤が撤去できないことや、既存のコンクリート杭があっても対応します。

■掘削機と削孔工具の組み合わせで多種な工法に対応します。
1. 掘削機 + ケーシングチューブ でオールケーシング工法
2. 掘削機 + ドリリングバケット でアースドリル工法
3. 掘削機 + オーガースクリュー でアースオーガー工法
4. 掘削機 + ロックオーガービット でロックオーガー工法
5. 掘削機 + 拡底バケット で拡底工法
6. その他各ツールの組み合わせで複合した工法

事業内容
環境事業
地盤改良業
カットバケット
ストーンジーバ
場所杭施工・引抜・撤去事業

福田工業にはどのような地盤にも対応できる技術があります。
現場ごとに異なる施工条件を踏まえ、安全性と経済性を満たす最良の方法をお客様にご提案いたします。

現場造成杭工事
全集回転式工法
アースドリル工法
リバース工法
地中障害物撤去工事・引抜工事
カットバケット工法
マルチドリル工法
ケーシング回転掘削工法
ロックオーガー工法
株式会社福田工業 東京支店TEL.03-5297-7622機材資材センターTEL048-718-3077HySPPD事業048-884-8777 事業、施工に関するメールでのお問い合わせ

東京支店:〒101-0047 東京都千代田区内神田3-6-1 さんしんヒロセビル5F
機材資材センター:〒344-0123埼玉県春日部市永沼790-1
地盤改良事業部:〒344-0131 埼玉県春日部市芦橋897
本社:〒343-0836埼玉県越谷市蒲生寿町17-7-605

Copyright© 2016 – ‘2018’ Fukudakougyo All Rights Reserved.